2011.01.01

2011年元旦

新年、明けましておめでとう御座います。

昨年は様々な方々に支えられて、ティーズサウンドメンバー一同感謝しております。

本年も暖かい御支援を賜われるよう、メンバー一同皆様と共に飛躍して行きたいと思っておりますので、何卒御指導御鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

2011年1月1日
ティーズサウンド 柏

2010.03.30

BOSE L1 Compact system

先日、BOSE L1 Compact System を現場使用(ファッションショー)してきましたので、多少レポートしたいと思います。

設置イメージとしては、フライングSPの振り角でカバー出来ない前方客席の中抜けとして使用しています。
全体の設置位置のイメージは写真の感じです。
Bosel103

会場の幅とフライングSPの大きさと比較して頂ければ設置時の目立たなさがお分かりになると思います。

Bosel102

ちょっと引きで見るとこのような感じです。
バックが黒幕という事も有りますが、中々目立たないので良い感じでは無いでしょうか?
今までのSPだと、どうしてもスタンドの足の幅で有ったり設置位置が限られる場合が特にこのようなショーの場合は多かったのですが、このL1の場合は結構良い感じに目立たないので使い勝手が良いです。

又、肝心な音に関してですが、Loが結構出るのでサイズよりも音のイメージとしては大きめではないでしょうか?
とはいえ、簡易の場合でもメーカーが言っているようにそのままNo-EQで使えるかというと、ちょっと疑問があります。
確かに直接マイクなどを挿して使用する事は出来ますので、簡易的には良いかもしれないですが、Loが結構出てくるので(100Hz辺りが特に強め)、出来ればEQは入れたいところです。

ミキサーからの接続に関しては、INPUT2 の LINE INPUT にTRSで接続可能です。
本体のVolume の設定は2時程度で充分だと思います、それ以上にすると規定で入れ込んだ場合に本体のインジケーターがPeakに入りやすくなります(多少peak が入る程度なら音の歪みも出ないので、大丈夫そうではあります)。 音量的にはSX-300程度の出力は見込める感じです。

設置が限られる場所などでは重宝するとは思いますが、パワードなのでケーブルの処理を結構ちゃんとやりたい所です。
後、本体がいわゆるBOSEのプラスティック系なので傷が結構付きやすいのが最大の難点かと。この部分のコーティングをハードコートなどにメーカーさんも変えてくれないですかね? 持ち運びを主体に考えているなら、もうちょっと傷が付きにくい方が良いと思うのですが。(勿論、それを見越してエクステンションのケースや、本体カバーが付属はしているのでしょうけども。)

とはいえ、総合的に見てこうして現場で使用してみると、今回のL1 Compact System はアコギなどのパフォーマーが簡易的に持ち運んで出来るというコンセプトのようですが、実際の使用感としては充分PAとしても魅力的な機種ではないでしょうか?

Kashiwa

| トラックバック (0)

2010.03.06

新入荷:BOSE L1 Compact System

BOSE L1 Compact System が新入荷しました。

Bosel1compact

ブティックやカフェなどの限られたスペースでの設置で威力を発揮するモデルです。
今までのスタンド+SPという、見た目でNGという現場での取り扱いにも対応可能かと思います。
特にアパレルブティックなどの小〜中スペースでのイベントでは見た目も良いので、存在をあまり気にならない方法で設置が出来るメリットが有ります。

アンプも内蔵していますので、平行電源口が有れば(消費電力200W程)何処でも設置可能です。

出力は200W程、指向角度は公称水平180°です。

詳しくは後日別途レポートします。

2010.01.02

New Year, New mind for best sound.


 新しい年も明けて、心機一転気持ちを入れ替えて新しいこの時代に惑わされる事の無い、音の新しい可能性を見いだすべく、昨今の厳しい社会情勢の中でも基本を忘れず、忠実に、そして新しいチャレンジに向けてティーズサウンド一同邁進していく所存で御座います。

 まだまだ若輩者の多いティーズサウンドではありますが、皆様の暖かい御支援、御指導を賜われますよう努力して参ります。

 何卒、本年も宜しくお願い申し上げます。

    2010年1月 ティーズサウンド

2009.06.29

新入荷

今回は小物の新入荷です。
2CH Passive D.I. が入荷しました。

RADIAL の PRO D2 などが有名ですが↓

Radial_rd1102

ティーズサウンドでは、M-factory 社製の DDI-3 を入荷しました。↓

Mfacdi

RADIAL などに比べてSN、色付けの無さ、など。とてもナチュラルな音付けの少ない D.I です。
デュアルチャンネル構造なので、様々な用途に使用が考えやすいモデルとなってます。

なかなか手に入れにくいモデルですので、大事に使って行きたいと思っております。
このナチュラル感は一度体験すると、他のD.I.のクセが良く理解出来てアコースティック楽器などはこのD.I.でなければ、と、なってしまいます。

2009.05.27

サーバー移管完了のお知らせ

ご報告が遅れまして申し訳ありません。

弊社サーバーの移管、及び拡張業務が完了致しました。
前サーバーの稼働は今月いっぱいで停止致します。

新たに設定されたサーバー情報は以下の通りです。

弊社サーバー容量:100GB
メールサーバー:上記に含む。1通当りのメール容量 20MB に拡張。

メール容量のアップに伴い1通当りの容量が増えましたので、今までご面倒をお掛けしておりましたメール不着等の不具合はこれで解消出来ると思われます。

以上、宜しくお願い致します。

| コメント (0)

2009.05.04

弊社サーバー拡張に伴うお知らせ

2009年5月1日をもちまして、弊社サーバーが移管致しました。
先月から準備をしておりましたが、5月にタイミングでの移動となっております。

それに伴いまして、現在移行期間中に付きメール等の不着等の懸念が御座います。

現在そのような御連絡は頂いておりませんが、万が一不着等が懸念されます事項に関しましては、お手数ですが各スタッフに電話連絡にてお願い致します。

11日までには完全に移行が完了し、弊社メールサーバーも確定運用に入る予定です。

又、今回のサーバー移管に伴いまして、メールサーバーの容量を拡張致しました。
現在まで頂いたメールで添付ファイル次第で撥ねられてしまっていた容量が可能となりました。
サーバー移管が完了しましたら、容量はメール1通に付、20Mまでとなります。

ご不便をおかけ致しますが、運用安定に現在取り組んでおりますので、何卒宜しくお願い致します。

改めてお願い申し上げます。
メール等の不着が考えられる場合はお手数ですが電話連絡にてお願い致します。
運用が確定致しましたら、又お知らせさせて頂きます。

ティーズサウンド 柏

2009.02.27

LS9 Editor

今日は、都内でも雪が舞いましたね。

JUNK STAGE 皆様お読み頂けたでしょうか?
まだまだ手探りでは有りますが、宜しくお願いします。ご意見など随時受け付けておりますので、お気軽にお寄せ下さいませ。

さて。今回はLS9のエディターについてです。

これはもう皆様ご存知の方も多いでしょうし、LS9などのYAMAHAデジタルコンソールをお使いの方々はご自身のPCに入れられていると思います。
前回、なんでMACでは使えないのかと書きましたが、やはりこの先もMACには対応は無さそうな気がしております。

そこで、M7のようにタッチパネル操作も欲しいよね。
といううちのスタッフ達の要望も有ったので、LS9エディターで使えるようにとタッチパネルPCを導入してみました。

Ls9001

結果。

結構快適です。いや、かなり快適です。


これを使う事によって現場での対応(手)がもっと早くなる気がしております。
今回導入したPCが手での入力も電子ペンでの入力も可能なタイプですので、色々な機器に対する細かい部分がやりやすい印象で操作してます。

Ls9002


只、細かい所は実際に現場での使用感も有ると感じてますので、それは追ってレポートしたいと思っております。


では。

Kashiwa

2009.02.23

お知らせ

皆様にお知らせが御座います。

ティーズサウンド 柏 が、Junk Stage というコラムサイトにて「音響デザイン」をテーマに連載を開始する事となりました。

通常のPAやSRを主体としながらも、柏が考える音響デザインを少なからず御理解頂ける機会になれば幸いです。

今までの音響業としてのノウハウや、差し支えない程度の舞台裏など、コラム自体が一般の方々への発信ですのでマニアックになりすぎないようにして行こうと考えております。

まだまだ一般の方々への認知度が高くない職業ですので、多少でも認知度を上げて行けたらとも思います。

若輩者故、間違った認識を出す場合も有るかと存じますが、自身の経験値の中からコラム連載をしてきたいと思いますので、御指導御鞭撻をお願い致します。

コメントなども頂けるようになっておりますので、宜しくお願い致します。


ティーズサウンド 代表 柏

2009.02.06

T's Sound.NET

長いことお待たせ致しました。

まだ完全という訳では御座いませんが、T's Sound.NETを更新しました。

今後とも宜しくお願い致します。

www.ts-sound.net

Kashiwa

2009.01.28

LS9 稼働

先日、LS9-32 で現場が稼働しました。

現場内容は、某アーティストのライブです。

L1000080

システムは、LS9-32, VRX932/918 , PS10, 他
卓位置は下手袖です。
会場がホテルの為、スペースに余裕があまり無い状況下でのシステム構築になりました。

当初、M7CLでの作業も念頭に有りましたが、LS9の使用検証も含めプランニングしております。
勿論アーティスト、クライアントの意向を十分に加味した内容での構築になりました。

実際の調整領域での構築は、dbx DriveRack 480を使用してのデバイディング、及びMain SPのイコライジングに関しては480をワイヤレスLANを使用し、調整時に会場客席内にて調整。
Wedge関係はLS9の内蔵イコライザーを使用。
実際のアウトボード系はごく限られた内容の機材のみで、極力デジタル化しシステムの軽量化を図っております。

LS9の実際の使い勝手の部分としては、やはりHAのデジタル化は使い勝手が良いです。
シーンを効果的に使用する事によって生まれる再現性の良さ、MIX-BUSの使い勝手の良さなど現場主導で考えられた機材だなと関心します。

但し全てに於いて現場の要望が反映されている訳では無く、機能面での不満もある訳です。
M7におけるセンタロジックに慣れると、より小型アナログ卓に近い印象を受けます。
DCAの変わりにフェーダーグループを使用して下さいとマニュアルには有りますが、やはり完全なる変わりにはならないのは致し方有りません。
それを使用したいならM7を使えというのも解ります。

価格以上の価値の有る機材だとは思いますが、この金額ならタッチパネルでも良かったのでは?
と、使用する側としては考えてます。
まぁタッチパネルPCを手元に置いてスタジオマネージャーを立ち上げておけば、完全にはそれのみでのコントロールは難しいですが多少の手助けにはなると思います。

後、今回はLS9はワイヤレスLANでの接続はしませんでしたが、ワイヤレスLAN上でのスタジオマネージャーコントロールは現場の効率化という面でも必須かなと感じました。

L1000103

そんな訳で、実際の現場での使用状況によってはとても良い機材です。

ちなみにケースは ARMOR, PULSE より図面を取り寄せ検討しました。
各社特徴が有るので、どちらが良いというよりも使い勝手で選ぶのが良いと思います。

又、アーティストサイドからもこの形状(大きさ等)で、32Ch-INPUT, 16-OUT, というのは良い印象を受けております。

では。

Kashiwa

2009.01.12

ロゴ変更

ティーズサウンドのロゴが変更になりました。

そして、ティーズサウンドの今年のテーマは

゛Revolution"

です。

お客様のニーズのさらに上を行く音響デザインをスタッフ一丸となって努力して参ります。

2009.01.10

YAMAHA LS9 レポート

YAMAHA LS9 を導入した雑感などを記載して行きたいと思います。
今回は、LS9で用意されているUSBメモリープレーヤーから音楽ファイルを再生出来るという機能に関してです。
再生可能なファイルはMP3、AAC、WMA(96、128、192kbps)です。

まず、ここ。
現場で如何にBGM、効果音の再生とYAMAHAの説明は謳っているが、上記圧縮ファイルで良いのか?
確かに一般の方々には聞き分けは難しいかもしれませんが、プロがそこを妥協するのかと?
とても疑問に思います。

又、録音もしかり。
確かに、ライブ音源を2MIX録音を記録録音しておいてくれというオーダーは有ります。
そこも今まではMDであったり、DATであったりとライブハウスなどでも出演者に対する付加価値として提供されている方は多いと思います。
でも、ここもLS9が録音出来る形式が、同様のファイル形式です。

確かに直接USBメモリーに取り込めるたり再生出来る機能が有るのはとても良いとは思いますが、この点が結構頂けません。
USBメモリーの使用制限が公称2Gというのも、この辺りの機能に制約を与えている気もします。

さて実際の画面です。
Ls9song001_2

最初LS9にUSBを挿すとSONGSというフォルダがUSBメモリーの中に作られます。
そしてその中に対応ファイルを入れてから、再度LS9に挿してプレーヤー画面を立ち上げると上記画像のようにファイルが読み込まれます。

Ls9song002

そして、再生すると上記のようになります。
レベルメーターの横に出力先を設定出来る場所が有りますので、好きなチャンネルに立ち上げる事が出来ます。

Ls9song003

しかしここで又もや問題発生。
チャンネルに立ち上げてCUEでインプットレベルを見ると、レベルがでか過ぎます。。。。
ちなみにチャンネル側のメーターもPreで見ると。

Ls9song004

やっぱりでかいです。
とはいえ、このファイルは普通にItunesで取り込みをかけたファイルなので、特にCDからレベルをいじっている訳では無いです。

そして、じゃぁUSBメモリープレーヤーでレベルが変えられるかというと無理です。
デジタルでのチャンネル割当なので、チャンネルのHAでも変更出来ません。

実際の再生時には歪みなどは発生してはいないようですが、実際の現場でBGMとして使用を考えるとフェーダーがちょっとしか上げられないという懸念が有ります。
ここはやはり多少のHAでの余裕が作りたい所です。

今までに無かった機能で有るからこそ、もうちょっと煮詰めて頂きたかった。
まぁ、裏技は無い事は無いでしょうが。。。
普通に取扱説明書ベースで考えると致し方ないと思われても仕方ないかなと。

全般的にとても良く出来たMixerである事には変わりは無いと思いますが、もうちょっと突き詰められるんじゃ無いかなと?
まぁ、1D,5D,M7とさらに上位機種が居るので、、、これで慣れてそっちを買えというメーカー側の意図もちょっと感じ取れますが(苦笑)

では、又。

Kashiwa

2009.01.07

経理ソフト

新しい年が始まって、5日からお取引先も始動され心機一転精進して行きたいと思います。

さて、ティーズサウンドでは2009年から経理ソフトを刷新致します。
経理担当の負担軽減と、お客様への各種書類関係の充実を図る為に某総合商社に経理ソフトを開発して頂きました。
とは言っても、1からの開発だとコストもかかりすぎるので、商社開発ソフトの内容をティーズサウンドの業務内容を鑑みて頂き、カスタマイズして頂いたというのが実際の所です。

商社側のサポート体制も充実しておりますが、何分新規のシステムになりますので安定稼働を心がけていきます。

1月の案件分からの適用になりますので、今までとは印刷された書面が変わってきますが、今までの書面よりも解りやすい内容を目指して行きますのでご不明点はご連絡下さい。

Kashiwa

2009.01.04

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

晴れて新しい年を迎える事が出来ました。
本年もスタッフ一同精進して参りますので旧年に引き続き宜しくお願い致します。

毎年ティーズサウンドでは年賀状に主要スタッフの写真を掲載しております。
自己主張が激しいと言われればそれまでなのですが、少しでも多くの方に顔と名前を憶えて頂くというのがとても大事だと考えておりますので、暑苦しいとは存じますがご容赦下さいませ。


さて、新年のお仕事ですが5日から本格的に稼働させて頂く予定です。
帰省していたスタッフも5日には勢揃いします。

年末導入のLS9、何点か不満点が出て来ておりますが、概ねスタッフ達の要望には答えられるのでは無いかと思います。
只かなり弊社にとってネックになっているのは、Studio Manager上に於いてMac OSX が非対応という事がかなり問題になっております。
と言いますのも弊社のスタッフの大半はMAC使用なのです。
これはYAMAHAさんどうにかならないものですかねぇ?なぜLS9のみMAC非対応なのか?
なんとか改善して頂きたい。


Kashiwa

2008.12.26

新入荷機材(YAMAHA LS9-32)

皆様寒い日が続いておりますが、体調など崩されておりませんでしょうか?

ティーズサウンドの2008年の業務もほぼ落ち着き、来年2009年に向けて新たな気持ちで望むべくスタッフ一同大掃除と今年1年お世話になった機材、ケーブルを綺麗にしております。

さて、今日で一般企業はお休みに入ると思われますが、ティーズサウンドではまだ業務は続きます。
そんな中、新しい機材の入荷が有りましたのでお知らせ致します。

YAMAHA LS9-32 です。

Ls932

YAMAHA デジタルミキサーの中で、1D, 5D, M7, の流れを汲むコンパクトデジタルライブコンソールです。
本日納品ほやほやなので、フライトケースがまだ届いておりません(苦笑)
ですので、現場への投入は来年2009年の1月初旬からを予定しております。
レンタル費等に関しましては、未定です。

32CHでこのサイズ、とても使い勝手は良さそうです。
デフォルトでアウトは16系統が可能となっております。

設置場所の限られる会場や、ホール公演で客席オペの場合起きる「潰される客席数」も格段に減らせそうです。
意外とM7でも大きいという現場は多いものですので。


LS9のレポートは追って掲載して行ければと思います。

では。

2008.11.18

ご報告、新入荷情報

只今、ティーズサウンドWebが工事中となっております。
トップページの更新情報が9月となっておりますが、現状遅れており申し訳ございません。

鋭意製作中ですので、お待ち頂ければ幸いでございます。
それまでの間はこちらのブログにて新着情報は更新して参ります。

■新入荷■

NEUMANN KMS104
ドイツNEUMANN社のライブ用Voマイクです。
クリアで太い音質はどのヴォーカル用マイクにも引けを取らない最高級品です。

Ksm104







SSL ( Solid State Logic)
Xlogic Alpha Channel

レコーディングコンソールのSSLから発売された、アウトボードマイクプリアンプです。
シングルチャンネル仕様で、クリアで抜けの良い存在感の有る音は流石SSLです。

Xlogic






単品レンタル、価格等に関しましては未定です。
決定次第お知らせ致します。


ティーズサウンド 柏

2008.01.14

2008.01.05,06 / MIKA DANCE

数日前の現場ですが、吉祥寺シアターにて 「MIKA DANCE 」という、公演を行いました。
この公演は木村美佳さんというダンサーの方のお仕事です。

このダンス公演(コンテンポラリー)では、いつも一緒に仕事をさせて頂いている「中村隆彦氏」も御一緒させて頂きました。
今回の公演は1月5日、6日だったので小屋にとっては初舞台だったみたいです。
新年1番乗りというのは少し気分も高揚しますね。
12月30日にリハーサルが行われたので、お正月は休み無し状態でしたが。。それも又良しと言う事で。


668433856_131

今回のチラシになります。

そして、今回のシステムは基本的に小屋の機材を使用しました。
しかし、デッキ類など卓周りに関しては持ち込みで行ってます。
その理由はと言いますと。

677073004_48

今回の公演では、Qが結構多かったのでレスポンスの良いデッキが必要な為、常設機材よりも使い慣れた機材を利用したいというのが一番の要因です。
最近はPCで叩く事もたまにありますし、CD出しも多いのですが、シビアなQの場合は未だMDを使用する場合も有ります。
しかし、MDはやはり音に多少不満が有りますので、デッキの選定もシビアになってきます。
T's SoundではメインのMDデッキをTASCAM MD-801Rを使用しています。

29

このデッキ、残念ながら既に生産は終了しております。
しかしこのデッキ以外でここまでレスポンスの良いMDデッキは無いと思っております。
元々芝居で使用していたのですが、とても機能と使い勝手が良いのでうちではメインのMDとなってます。
今回のようなQがシビアな現場ではこのデッキ以外は考えられない、と言うくらいに良いです。

今回の公演は去年IMAホールでの公演でも一緒だった中村隆彦ダンススタジオが出演していたので、裏方としてはとてもやりやすかったというのも実情です。

プラン的には、どうしても小屋が小さい為、空間を演出する音の許容量も多少少なめに感じました。
しかし天井高は結構あったので、その分ギャラリーにスピーカーをフライングしたりと、縦方向の演出が結構やりやすい小屋なのかなと。
機材的問題で床置きをしたくなかったのですが、どうしてもメインLRのみは床置きになってしまいました。プロセは客席前方、後方に別に設置されており(同系統)、返しのスピーカーは通常は床置きらしいのですが、無理をお願いしてギャラリー2Fからのフライングで舞台をカバーしております。


20080106175621

そして、空間を創る上でリアのスピーカー設置も考えたのですが、今回は却下です。
その分リバーブなどの空間系のエフェクトを使用して、ネタに広がりを付けたりなどのオペレート内容でカバーしました。

最終的に、お客様も毎回ほぼ満席の状態で素敵な舞台に仕上がったのではないかと思います。

T's Sound ではコンテンポラリーの舞台が2月にも予定されておりますので、その情報も確定次第アップしていきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.01

新年明けましておめでとうございます

2008年1月1日
新年明けましておめでとう御座います。

皆様のおかげで、ティーズサウンドも無事に2008年を迎える事が出来ました。

昨年中は色々とお世話になりました関係各位に、この場を借りまして御礼申し上げます。

2008年もスタッフ一同一層の精進を持って邁進していく所存で御座います。

皆様にとって今年一年が良い年になりますよう願っております。

本年も何かとお世話になる事も多いかと存じますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

2008年1月1日

ティーズサウンド 代表 柏 環樹

20080101

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.18

師走ですね。

久しぶりの更新です。
かれこれ2ヶ月も放置していたとは、、反省しております。

さて、年末のティーズサウンドはまさに師走といった感じの追い込みに入っております。
今日現在でも大阪に出張に出ている者や、都内某所にて就職セミナー関係のお仕事で相当数のセットを組上げていたり。
忙しいのはとても有り難い事です。31日まで全員が揃って事務所に居るというのも、今年は無いまま終わりそうな気配です。
今年も皆様のお陰で無事に年を越す事が出来そうで感謝しております。

現場と平行してやらなければならない事務所や倉庫の大掃除も、この追い込みのお陰もあって一行に進みません。
しかし放置もしておけないので、少しずつ手を付けてはいるのですがこのまま年を越さないようにきちんと片付けたいと思っております。
新年のご挨拶にもなる年賀状も印刷がやっと上がって、そろそろポストに投函出来そうです。
今回の年賀状はデザインが2種類作りました。どんなデザインがお手元に届くかは、楽しみにしていて下さいませ。

それでは、インフルエンザも流行って来ておりますので、皆様御自愛下さいね。

では、又。

<Kashiwa>



| コメント (0) | トラックバック (0)

«曲編集(音響?音効?)