« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.28

LS9 稼働

先日、LS9-32 で現場が稼働しました。

現場内容は、某アーティストのライブです。

L1000080

システムは、LS9-32, VRX932/918 , PS10, 他
卓位置は下手袖です。
会場がホテルの為、スペースに余裕があまり無い状況下でのシステム構築になりました。

当初、M7CLでの作業も念頭に有りましたが、LS9の使用検証も含めプランニングしております。
勿論アーティスト、クライアントの意向を十分に加味した内容での構築になりました。

実際の調整領域での構築は、dbx DriveRack 480を使用してのデバイディング、及びMain SPのイコライジングに関しては480をワイヤレスLANを使用し、調整時に会場客席内にて調整。
Wedge関係はLS9の内蔵イコライザーを使用。
実際のアウトボード系はごく限られた内容の機材のみで、極力デジタル化しシステムの軽量化を図っております。

LS9の実際の使い勝手の部分としては、やはりHAのデジタル化は使い勝手が良いです。
シーンを効果的に使用する事によって生まれる再現性の良さ、MIX-BUSの使い勝手の良さなど現場主導で考えられた機材だなと関心します。

但し全てに於いて現場の要望が反映されている訳では無く、機能面での不満もある訳です。
M7におけるセンタロジックに慣れると、より小型アナログ卓に近い印象を受けます。
DCAの変わりにフェーダーグループを使用して下さいとマニュアルには有りますが、やはり完全なる変わりにはならないのは致し方有りません。
それを使用したいならM7を使えというのも解ります。

価格以上の価値の有る機材だとは思いますが、この金額ならタッチパネルでも良かったのでは?
と、使用する側としては考えてます。
まぁタッチパネルPCを手元に置いてスタジオマネージャーを立ち上げておけば、完全にはそれのみでのコントロールは難しいですが多少の手助けにはなると思います。

後、今回はLS9はワイヤレスLANでの接続はしませんでしたが、ワイヤレスLAN上でのスタジオマネージャーコントロールは現場の効率化という面でも必須かなと感じました。

L1000103

そんな訳で、実際の現場での使用状況によってはとても良い機材です。

ちなみにケースは ARMOR, PULSE より図面を取り寄せ検討しました。
各社特徴が有るので、どちらが良いというよりも使い勝手で選ぶのが良いと思います。

又、アーティストサイドからもこの形状(大きさ等)で、32Ch-INPUT, 16-OUT, というのは良い印象を受けております。

では。

Kashiwa

2009.01.12

ロゴ変更

ティーズサウンドのロゴが変更になりました。

そして、ティーズサウンドの今年のテーマは

゛Revolution"

です。

お客様のニーズのさらに上を行く音響デザインをスタッフ一丸となって努力して参ります。

2009.01.10

YAMAHA LS9 レポート

YAMAHA LS9 を導入した雑感などを記載して行きたいと思います。
今回は、LS9で用意されているUSBメモリープレーヤーから音楽ファイルを再生出来るという機能に関してです。
再生可能なファイルはMP3、AAC、WMA(96、128、192kbps)です。

まず、ここ。
現場で如何にBGM、効果音の再生とYAMAHAの説明は謳っているが、上記圧縮ファイルで良いのか?
確かに一般の方々には聞き分けは難しいかもしれませんが、プロがそこを妥協するのかと?
とても疑問に思います。

又、録音もしかり。
確かに、ライブ音源を2MIX録音を記録録音しておいてくれというオーダーは有ります。
そこも今まではMDであったり、DATであったりとライブハウスなどでも出演者に対する付加価値として提供されている方は多いと思います。
でも、ここもLS9が録音出来る形式が、同様のファイル形式です。

確かに直接USBメモリーに取り込めるたり再生出来る機能が有るのはとても良いとは思いますが、この点が結構頂けません。
USBメモリーの使用制限が公称2Gというのも、この辺りの機能に制約を与えている気もします。

さて実際の画面です。
Ls9song001_2

最初LS9にUSBを挿すとSONGSというフォルダがUSBメモリーの中に作られます。
そしてその中に対応ファイルを入れてから、再度LS9に挿してプレーヤー画面を立ち上げると上記画像のようにファイルが読み込まれます。

Ls9song002

そして、再生すると上記のようになります。
レベルメーターの横に出力先を設定出来る場所が有りますので、好きなチャンネルに立ち上げる事が出来ます。

Ls9song003

しかしここで又もや問題発生。
チャンネルに立ち上げてCUEでインプットレベルを見ると、レベルがでか過ぎます。。。。
ちなみにチャンネル側のメーターもPreで見ると。

Ls9song004

やっぱりでかいです。
とはいえ、このファイルは普通にItunesで取り込みをかけたファイルなので、特にCDからレベルをいじっている訳では無いです。

そして、じゃぁUSBメモリープレーヤーでレベルが変えられるかというと無理です。
デジタルでのチャンネル割当なので、チャンネルのHAでも変更出来ません。

実際の再生時には歪みなどは発生してはいないようですが、実際の現場でBGMとして使用を考えるとフェーダーがちょっとしか上げられないという懸念が有ります。
ここはやはり多少のHAでの余裕が作りたい所です。

今までに無かった機能で有るからこそ、もうちょっと煮詰めて頂きたかった。
まぁ、裏技は無い事は無いでしょうが。。。
普通に取扱説明書ベースで考えると致し方ないと思われても仕方ないかなと。

全般的にとても良く出来たMixerである事には変わりは無いと思いますが、もうちょっと突き詰められるんじゃ無いかなと?
まぁ、1D,5D,M7とさらに上位機種が居るので、、、これで慣れてそっちを買えというメーカー側の意図もちょっと感じ取れますが(苦笑)

では、又。

Kashiwa

2009.01.07

経理ソフト

新しい年が始まって、5日からお取引先も始動され心機一転精進して行きたいと思います。

さて、ティーズサウンドでは2009年から経理ソフトを刷新致します。
経理担当の負担軽減と、お客様への各種書類関係の充実を図る為に某総合商社に経理ソフトを開発して頂きました。
とは言っても、1からの開発だとコストもかかりすぎるので、商社開発ソフトの内容をティーズサウンドの業務内容を鑑みて頂き、カスタマイズして頂いたというのが実際の所です。

商社側のサポート体制も充実しておりますが、何分新規のシステムになりますので安定稼働を心がけていきます。

1月の案件分からの適用になりますので、今までとは印刷された書面が変わってきますが、今までの書面よりも解りやすい内容を目指して行きますのでご不明点はご連絡下さい。

Kashiwa

2009.01.04

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

晴れて新しい年を迎える事が出来ました。
本年もスタッフ一同精進して参りますので旧年に引き続き宜しくお願い致します。

毎年ティーズサウンドでは年賀状に主要スタッフの写真を掲載しております。
自己主張が激しいと言われればそれまでなのですが、少しでも多くの方に顔と名前を憶えて頂くというのがとても大事だと考えておりますので、暑苦しいとは存じますがご容赦下さいませ。


さて、新年のお仕事ですが5日から本格的に稼働させて頂く予定です。
帰省していたスタッフも5日には勢揃いします。

年末導入のLS9、何点か不満点が出て来ておりますが、概ねスタッフ達の要望には答えられるのでは無いかと思います。
只かなり弊社にとってネックになっているのは、Studio Manager上に於いてMac OSX が非対応という事がかなり問題になっております。
と言いますのも弊社のスタッフの大半はMAC使用なのです。
これはYAMAHAさんどうにかならないものですかねぇ?なぜLS9のみMAC非対応なのか?
なんとか改善して頂きたい。


Kashiwa

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »